ふるさと納税で楽天ポイントをゲットしよう

ふるさと納税で楽天ポイントをゲットしよう

ふるさと納税で楽天ポイントが貯まるって知ってましたか?それではさっそく調べてみましょう。

ふるさと納税とは

居住地に関わらず様々な自治体に寄附を行う制度です。寄附金の使い道を予め知ることができ、お礼に地域の特産品などを受け取れたり、税金の控除を受けられるなどの特典もあります。地域活性化を支援しながら各地の特産品を楽しめるのが「ふるさと納税」の特徴です。納税した金額から2,000円を引いた金額が翌年還付され、さらに納税した自治体によっては名産品などの返礼品を受け取ることができます。つまり、「実質2,000円で各地方の名産品を購入できる」という仕組みになっています。詳しくはこちら総務省ホームページ

楽天ふるさと納税の特徴

楽天市場の会員情報を使って寄附できる!

楽天会員ならお買い物と同じフローで寄附が可能。楽天会員情報を利用できるので、寄付の都度、氏名・住所・連絡先などの情報を打ち込む必要がありません。
※寄附をする際には、住民票に記載されているお名前、住所と注文内容確認画面に表示される注文者情報が一致している必要があります。

楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

楽天でふるさと納税すると、寄附した金額に応じて「楽天スーパーポイント」を貯めることができます。また楽天ポイントも利用可能です。

クレジットカードでの決済が可能

楽天カードだと5%以上のポイントを獲得できます。

ふるさと納税の寄附金もポイントキャンペーンの対象!

楽天スーパーセールやお買い物マラソンなど、楽天は買い回りでポイントが増えるキャンペーンを開催しています。楽天の買いまわりセールに参戦する場合は、そのタイミングでふるさと納税を行うとポイント還元率が更に上がってお得になります。ふるさと納税をする自治体も一つのショップとしてカウントされます。楽天ふるさと納税 公式サイト

ふるさと納税で気を付ける事

自分の控除上限金額を調べてから納税をする

自分の控除上限金額を知らずに納税すると危険です。税金を納めていなければお金は戻りません。年収が少ない人や家族の扶養に入っている人は、そもそも納税額が0円であったり、非常に少ない額であったりします。そういった人は税金を収めていないので、ふるさと納税を行っても税金は還ってきません。ふるさと納税は、年収、家族構成に応じて還ってくる金額の上限が決まっており大まかな目安はこちら控除上限金額の目安

例えば、年収450万円であれば、46,000円までの納税額(※)であれば、自己負担2,000円で特産品をゲットすることができます。
※配偶者が専業主婦、住宅ローン控除ありなどで変わることがあります。この自己負担を2,000円で抑えることが賢い方法です。

来年度税金が大幅に減る場合

税金が大幅に減る要因としては、130万円以上の年収の配偶者が仕事を辞めて専業主婦になった場合や、子どもが16歳になるとき家族の誰かが療育手帳や障害者手帳を取得したときなどの「控除が増える場合」
一番大きいのは「家を建てて住宅ローン控除が始まる場合」です。その場合控除が増えるので納税額にご注意ください。限度額の計算式は今年度で計算するのですが、還付されるのは来年度の税金です。

税金を収めている人の名義でふるさと納税をする

ふるさと納税で還付をされるのは、税金を収めている人つまりご主人の所得税と住民税から還付されるのです。扶養内で働いている人は自分で納税をしていません。

※楽天ふるさと納税で寄附をする際には、住民票に記載されているお名前、住所と注文内容確認画面に表示される注文者情報が一致している必要があります。

寄附金額の控除を受ける

寄付金額の控除を受けるには「確定申告」や「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用する必要があります。 確定申告の手続きには寄附金受領証明書が必ず必要になります。
大切に保管しておきましょう。

まとめ

楽天ユーザーさんでふるさと納税をする人ならぜひ楽天ふるさと納税を活用してみてください。簡単に納税できますし、ポイントも貯まるのでお得ですよ。返礼品にもよりますが納税額の半分くらいの品物が届くと思います。たとえば、納税額が50,000円の場合25,000円の商品が2,000円で手に入ることになります。なので還元率の高い返礼品を選ぶとよりお得ですよね。あと今回勉強していなければ、扶養の私名義でふるさと納税をするところでした(;’∀’)高い金額を支払って返礼品をもらっただけにならなくて良かったです。みなさんも気をつけて下さいね。ふるさと納税は返礼品ばかりに目が行きがちですが、本来の目的である、自分のふるさとや応援したい自治体を選んで寄付する事も忘れないようにしないとですね(‘◇’)ゞ